使い古した空間をすっきり解体!スケルトン工事の情報まとめサイト

HOME » 押さえておこう!スケルトン工事の基礎知識 » 内装解体の流れ

内装解体の流れ

このページでは、内装解体工事の流れや、価格をディスカウントするためのポイントを紹介します。

内装解体工事依頼の手順

スケルトン工事を依頼するとき、あらかじめ契約の流れを知っておくと気持ちに余裕が持てます。時系列でその工程例を紹介しますので、ぜひチェックしてください。

  1. 問い合わせ…最初は、電話かメールで問い合わせしましょう。.
  2. 現地調査…現地の見学は、正しい見積りのためだけでなく、搬出経路の確認や近隣への対応のために必要です。
  3. 見積もり…現地調査での現場の状況をもとに、見積もりを作成してもらいます。
  4. 工事イメージ契約…内容をしっかり確認して、了承できたら契約します。 .
  5. 工事着工前の確認…内装解体工事の着工前に、管理会社や大家、近隣店舗などとの注意事項の確認を行ないます。事前確認を行なうことは、工事時のトラブルを防止するだけでなく、その後の良好な関係のために、ぜひ必要なことです。なお、店舗面積が大きい場など、行政への申請と書類提出が必要な場合の対応もしてもらえます。 .
  6. 着工…工事がスタートします。
  7. 完工…工事終了後、自身または管理会社で確認して、問題がなければ無事完了となります。

工事を安くする5つのポイント

工事の際、気になるのはやっぱり費用。以下に価格を安く抑えるための、5つのポイントを紹介します。見積もりを提出された際に照会するなどして、活用してください。

ポイント1●事前の打ち合わせをしっかり行うと安くなる

まず、最初の打ち合わせである現地調査からしっかりと行なうことが、大切です。

この際、自分と工事業者だけでなく、ビルのオーナーにも同席してもらいます。オーナーよって工事に求めるレベルが違ったり、次のテナントが決まっていて部分解体でOKだったりと、ケースバイケースだからです。3人が同席することで、双方が満足する工事に近づきます。

ポイント2●工事現場に駐車スペースがあると安くなる

駐車場がない場合、近くのコインパーキングに車を停めることになるので、駐車場代×工事日数分割高になってしまいます。

ポイント3●低層階なら安くなる

低階層の工事現場、例えば1階ならミニ重機を使用できて安くなります!また効率よく作業が進められ、短納期で仕上げることもできます。また、廃棄物などの運搬もスムーズなので、近隣にも迷惑がかからないというメリットもあります。

ポイント4●内装が簡単なら安くなる

当たり前ですが、内装の装飾品や作り付けの棚、パーティションが少なければ安いですし、また工事面積が広ければ坪・㎡単価は安くなります。

ポイント5●工期に余裕があると安くなる

業者によっては、引き渡し日までに余裕があると、工費が割引となる場合があります。特典は問い合わせたり公式サイトでチェックするなりして、有効活用しましょう。

 
必見!スケルトン工事の業者比較【東京編】