使い古した空間をすっきり解体!スケルトン工事の情報まとめサイト

HOME » 押さえておこう!スケルトン工事の基礎知識 » 業者の選び方

業者の選び方

このページでは、スケルトン工事などの内装解体や、原状回復を行う業者を選ぶ際に気をつけたいポイントを紹介します。

内装解体や原状回復業者選びの6つのポイントをチェック

業者を選ぶ際には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。以下に、6つのポイントを挙げてみました。

(1)専門性の高さをチェック

家を建てるときと同じように、解体にもプロがいます。見分け方は意外と簡単。「建設業許可」「廃棄物収集運搬の許可」を受けているかどうかです。その認可番号などは、ホームページの会社概要などで確認できると思います。

(2)実績の豊富さをチェック

興味のある会社を見つけたら、公式ページ上などで内装解体や&原状回復ついて、公開している事例をチェックしましょう。

もしそうした情報を掲載していない場合、電話やメールで問合せてみることをおすすめします。その際には、担当者が細かい内容までていねいに説明できるか、よく見極めることが大切です。

(3)説明はていねいでわかりやすいかをチェック

内装解体やスケルトン工事には、壊す部分と壊さない部分などがあるため、細かな打ち合わせが必要となってきます。

いざ会社に赴き、打ち合わせをするにあたって、素人である依頼主に、分りやすく丁寧に説明してくれるのが、良い業者です。

(4)見積もり内容は丁寧かをチェック

施工前の見積もりから、企業の姿勢をチェックするのも、1つの手です。

見積もりは工事の目安となる金額ですが、いくら目安といっても、「○○工事一式」とだけ書いてあるような、大雑把な見積もりを提出してくる会社には、注意してください。

(5)近隣・周辺への配慮できるかどうかをチェック

例えばマンションのスケルトン工事を行う場合、周囲には以下のような迷惑がかかります。

  • 騒音や振動
  • 解体時の粉じんの飛散
  • 周辺道路をトラックなどが塞ぐ

依頼主がトラブルにならないよう着工前挨拶を行なっているか、どのような近隣対応を行なっているかなどを、事前に確認しておくと良いかもしれません。

(6)スタッフや職人への教育

現場職人の身だしなみや言葉遣い・行動を、打ち合わせ時に観察しておくことも必要。サービスや工事の技術が確かな業者には、良い人材が集まっており、おのずと社員教育ができているもの。個人個人の資質と片付けず、業者選びのポイントの1つにするぐらいでよいのです。

技術、安全知識などの研修を行っている業者であれば、さらに信頼できるでしょう。

 
必見!スケルトン工事の業者比較【東京編】