使い古した空間をすっきり解体!スケルトン工事の情報まとめサイト

HOME » イチオシ業者のスケルトン工事実例をチェック » オフィス

オフィス

このページでは、小野ワークスのスケルトン工事の実例を紹介しています。オフィス工事の実例をまとめました。

小野ワークスのスケルトン工事実例【オフィス編】

オフィスは、平日の日中営業しているもの。小野ワークスは短工期(約1~3日程度)や夜間・深夜工事に対応可能。また消音工事や養生、仮囲いの設置など、近隣の環境へ細かな注意を払って工事をしてくれることも大きな魅力です。さらに、以下のポイントにも注目したいところ。

  • 一般廃棄物・産業廃棄物の収集運搬・処理の許認可を所有しているので、解体時に発生した大型廃棄物の処理も、依頼可能。
  • 解体工事期間中の什器や荷物を、自社倉庫で預かってくれる。
  • 什器の撤去・解体・原状回復だけでなく、解体後のリサイクルとまでトータルで任せられる。
  • 什器をはじめロッカーやイス・テーブルなどの買取り、引越し作業まで一括で対応可能。
  • パーティションの位置変更や組み立て・解体をはじめ、外構・エクステリアリフォーム作業も依頼可能。
  • オーダーメイドの棚や物置など造作物などの解体も可能。

これなら、安心して任せることができそうです。以下に実例を紹介します。

自社ビルスケルトン解体工事

 

  • 所在地…新宿区新宿
  • 規模…スケルトン解体
  • 解体面積…天井・床・壁・トイレ・キッチン撤去
  • 工期…2日間

ビルオーナーから依頼されたケースで、オフィスとして使用していた1室を、スケルトン工事した事例。写真右が施工前、左は施工後の状態です。

設備の撤去時に配管や配線が多かったこと、またボリュームたっぷりなタイルの撤去にも時間がかかったようで、苦労が忍ばれる事例ですが、タイトな工期以内に終了しています。

小野ワークスの詳しい情報はコチラから>>

オフィスビル原状復旧工事

 

  • 所在地…港区高輪
  • 解体面積…床・天井・壁
  • 工期…90日間

こちらは、オフィスビルの1フロアを原状回復させる復旧工事。フロア面積が広かったため、工期約3カ月の大型工事になったようです。写真左はBEFORE、右はAFTERの状態です。

工事範囲が広い案件でも、きちんとしたスケジュール管理で、余裕の引き渡しを実現したそうです。

 
必見!スケルトン工事の業者比較【東京編】